1. トップページ
  2. サステナビリティ

サステナビリティ

サステナビリティ

第41回明治ファミリー劇場『かさじぞう/さんまいのおふだ』
パンフレット・ぬりえを贈呈致しました。

2020年7月7日(火)、沖縄県社会福祉協議会を通して、県内の児童福祉施設16施設へ、第41回明治ファミリー劇場『かさじぞう/さんまいのおふだ』のパンフレット212部とぬりえ407部を贈呈致しました。

当社では、児童福祉施設の子どもたちにぬいぐるみミュージカルを楽しんでいただきたく、1990年(平成2年)から明治ファミリー劇場へのご招待を続けて参りました。しかしながら新型コロナウイルス感染症の影響により、1981年(昭和56年)の開催以来初となる全公演中止という苦渋の決断に至りました。公演へご招待することができなくなってしまいましたが、上演予定だった『かさじぞう/さんまいのおふだ』の物語を、パンフレットとぬりえを通してお楽しみいただければ幸いです。

昨年までに延べ13,434名様(沖縄明治乳業創立50周年特別企画先島公演の寄贈含む)をご招待し、今回で31回目の贈呈となりました。今後も、明治ファミリー劇場を通して、子どもたちの豊かな心を育むお手伝いができるよう努力していきたいと思います。

贈呈式の様子(向かって右から)
沖縄県社会福祉協議会
常務理事 嘉陽 孝治 様
会長 湧川 昌秀 様

沖縄明治乳業株式会社
代表取締役社長 村田 紳
取締役営業本部長 仲田 和男

2020年7月28日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、本取り組みをPRするため、県内の市町村を巡る活動をしております。今回は、6月26日に読谷村 石嶺村長、7月1日は八重瀬町 新垣町長、そして7月7日は豊見城市 山川市長を訪問しました。各市町村共通の課題である子どもの貧困支援へ向けた本取り組みに関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
読谷村長 石嶺 傳實 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真右より)
八重瀬町長 新垣 安弘 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真右より)
豊見城市長 山川 仁 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2020年7月28日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、本取り組みをPRするため、県内の市町村を巡る活動をしております。今回は、6月3日から5日までの3日間で5町村を訪問しました。まず6月3日に北中城村 新垣村長、6月4日は中城村 浜田村長、西原町 上間町長と与那原町 照屋町長、そして6月5日は南風原町 赤嶺町長にお会いしました。子どもの貧困については、各市町村共通の大きな課題であり、その対策支援として当社が取り組んでいる本活動に関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
北中城村長 新垣 邦男 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真右より)
中城村長 浜田 京介 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真右より)
西原町長 上間 明 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真右より)
与那原町長 照屋 勉 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真左より)
南風原町長 赤嶺 正之 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2020年6月16日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、本取り組みをPRするため、県内の市町村を巡る活動をしております。今回は、3月26日に北谷町役場 住民福祉部部長の伊波様を訪問しました。各市町村共通の大きな課題となっている子どもの貧困について、当社が取り組んでいる対策支援活動に関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真左より)
北谷町役場 住民福祉部 部長 伊波 興繁 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2020年4月17日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、県内の市町村を巡り、本取り組みをPRする活動をしております。今回は、2月3日に嘉手納町 當山町長を訪問しました。子どもの貧困については、各市町村共通の大きな課題となっており、その対策支援として当社が取り組んでいる本活動について説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
嘉手納町長 當山 宏 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2020年2月21日

子どもの貧困対策支援に向け寄付を行ないました。

沖縄明治乳業㈱では、2019年12月25日(水)に沖縄タイムス社、琉球新報社を訪問し、子どもの貧困対策に向けた支援金の寄付を行ないました。

近年、子どもの貧困が大きな問題となっており、テレビや新聞等での報道が増えております。沖縄県は出生率が高い一方、全国平均の約2倍という高い貧困率(29.9%)となっており、およそ3人に1人が貧困状態にあるという、深刻な状況となっております。また、その割合は増加傾向で推移しております。弊社では2017年度より本寄付を開始し、3回目となる今回も沖縄の子どもたちを支える一助になれればと願いを込め、「沖縄こども未来プロジェクト(沖縄タイムス社)」、「りゅうちゃん子どもの希望募金(琉球新報社)」へ各社50万円(合計100万円)を寄付させていただきました。

現在発売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち第1弾・第2弾」の売上(収益金)は、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。LINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことが本事業に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
沖縄明治乳業 総務部総務課 儀間 ひなた
沖縄タイムス社 代表取締役社長 武富 和彦 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
沖縄明治乳業 総務部統括部長 高良 宏
(写真右より)
沖縄明治乳業 総務部総務課 儀間 ひなた
琉球新報社 代表取締役社長 玻名城 泰山 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
沖縄明治乳業 総務部統括部長 高良 宏

2020年1月17日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、本取り組みをPRするため、県内の市町村を巡る活動をしております。今回は、12月18日に沖縄市 桑江市長を訪問しました。子どもの貧困については、各市町村共通の課題となっており、その対策支援として当社が取り組んでいる本活動に関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真左より)
沖縄市長 桑江 朝千夫 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2019年12月26日

社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。

2019年12月9日(月)沖縄県総合福祉センターにて、共同募金運動の一環で、社会福祉法人沖縄県共同募金会様へ弊社製品100ケースを寄贈致しました。毎年、オキコ株式会社と合同で贈呈式を実施しております。

「歳末たすけあい運動」の取り組みは、新たな年を迎える時期に、支援を必要としている方々が安心して暮らすことができるよう、少しでもお役に立てればとの願いを込め、昭和53年の第1回から今年の第42回まで毎年継続して実施しております。

(写真右より)
沖縄県共同募金会 会長 湧川 昌秀 様
沖縄明治乳業株式会社 代表取締役副社長 広崎 信幸
挨拶の様子(広崎副社長)
(写真右より)
沖縄県社会福祉協議会 事務局長 高良 正樹 様
沖縄県社会福祉協議会 常務理事 嘉陽 孝治 様
沖縄県共同募金会 常務理事 山内 良章 様
沖縄県共同募金会 会長 湧川 昌秀 様
オキコ株式会社 常務取締役 大城 馨 様
沖縄明治乳業株式会社 代表取締役副社長 広崎 信幸
贈呈品(ぜんざい、ドリンク)

2019年12月26日

首里城再建に対する支援金を贈呈致しました。

2019年10月31日未明に発生した火災により、首里城の大部分が焼失する被害が発生いたしました。

11月8日(金)沖縄タイムス社を訪問し、睦会グループから首里城再建に対する支援金を贈呈致しました。一日も早い復旧の一助になれればとの願いを込め、弊社は沖縄タイムス社を通して50万円を首里城再建に向けた県民募金へ寄付させていただきました。

(写真左より)
オキコ株式会社 常務取締役 大城 馨 様
南西食品株式会社 代表取締役社長 中本 泰一郎 様
オキコ株式会社 代表取締役社長 銘苅 敏明 様
琉球肥料株式会社 代表取締役社長 野崎 俊彦 様
株式会社沖縄タイムス社 代表取締役社長 武富 和彦 様
オキコ株式会社 代表取締役会長 仲田 龍男 様
北部製糖株式会社 代表取締役社長 上江洲 由実 様
沖縄明治乳業株式会社 総務部統括部長 高良 宏
沖縄明治乳業株式会社 総務課課長 嘉数 豊

2019年11月21日

首里城再建に対する支援金を贈呈致しました。

2019年10月31日未明に発生した火災により、首里城の大部分が焼失する被害が発生いたしました。

沖縄明治乳業は、11月8日(金)琉球新報社を訪問し、首里城再建に対する支援金を贈呈致しました。一日も早い復旧に役立てていただくため、50万円を琉球新報社を通じ首里城再建に向けた県民募金へ寄付させていただきました。

(写真左より)
株式会社琉球新報社
専務取締役 糸数 淳 様
沖縄明治乳業株式会社
総務部統括部長 高良 宏
総務課課長 嘉数 豊

2019年11月21日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、本取り組みをPRするため、県内の市町村を巡る活動をしております。今回は、9月11日に宮古島市 長濱副市長、9月25日に石垣市 中山市長、そして10月10日に名護市 金城副市長と伊江村 島袋村長をそれぞれ訪問し、各市町村共通の課題である子どもの貧困支援へ向けた本取り組みに関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真左より)
宮古地区・平良地区 母子寡婦福祉会
会長 仲村 洋子 様
宮古島市副市長 長濱 政治 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真左より)
石垣市長 中山 義隆 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真左より)
名護市 副市長 金城 秀郎 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真左より)
伊江村長 島袋 秀幸 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2019年11月1日

第40回明治ファミリー劇場『ジャックと豆の木』
先島公演の招待券を贈呈致しました。

沖縄明治乳業は、第40回明治ファミリー劇場『ジャックと豆の木』先島公演の招待券を宮古島市・石垣市へそれぞれ贈呈致しました。

2019年9月11日(水)には、宮古島市役所を通して、宮古島市内の児童福祉施設2施設へ、宮古島公演の招待券80枚を贈呈致しました。そして、9月25日(水)には、石垣市役所を通して、石垣市内の児童福祉施設9施設へ、石垣島公演の招待券311枚を贈呈致しました。

当社では、児童福祉施設の子どもたちにぬいぐるみミュージカルを楽しんでいただきたく、1990年(平成2年)から沖縄本島内の児童福祉施設へ明治ファミリー劇場へのご招待を続けております。今年は、沖縄明治乳業創立50周年特別企画として、初めて宮古島・石垣島で公演を開催することに伴い、宮古島市・石垣市へ招待券を贈呈する事となりました。

今後も、明治ファミリー劇場を通して、子どもたちの豊かな心を作るためのお手伝いができるよう、努力していきたいと思います。

贈呈式の様子【宮古島市】
(写真左より)
社会福祉法人 沖縄県社会福祉事業団
児童家庭支援センター はりみず
相談員 新城 裕子 様
宮古地区・平良地区 母子寡婦福祉会
会長 仲村 洋子 様
宮古島市副市長 長濱 政治 様
沖縄明治乳業株式会社 代表取締役社長 村田 紳
贈呈式の様子【石垣市】
(写真左より)
石垣市長 中山 義隆 様
沖縄明治乳業株式会社 代表取締役社長 村田 紳

2019年10月18日

「適正飲酒推進優良事業者」に認定されました。

沖縄明治乳業㈱は、適正飲酒を自主的に実施している事業者と認定され、2019年8月19日(月)浦添市役所にて、浦添・西原地区安全なまちづくり推進協議会・会長代行の松本哲治市長より「適正飲酒推進優良事業者認定証」が交付されました。

本事業は、ちゅらさん運動及び沖縄県アルコール健康障害対策推進計画の一環として行なわれており、今回、浦添市では初めての適正飲酒推進優良事業者として、認定されました。

これからも当社は、成人の適正飲酒と未成年の飲酒防止へ積極的に取り組み、過度な飲酒による健康被害や各種事件・事故の防止、さらに未来を担う青少年の健全育成に微力ながら貢献してまいりたいと思います。

(写真右より)
浦添市長 松本 哲治 様
西日本高速道路総合サービス沖縄株式会社
代表取締役社長 藤澤 茂樹 様
沖縄明治乳業株式会社 代表取締役社長 村田 紳
浦添警察署 署長 瑞慶山 力 様
適正飲酒推進優良事業者認定証

2019年9月3日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、県内の市町村を巡り、本取り組みをPRする活動を行なっております。今回は、8月8日に東村教育委員会 比嘉教育長と、宜野座村 山城副村長、そして恩納村 外間副村長・恩納村教育委員会 當山教育長を訪問しました。子どもの貧困については、各市町村共通の課題となっており、その対策支援として当社が取り組んでいる本活動に関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真左より)
東村教育委員会 教育長 比嘉 一之 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真右より)
宜野座村 副村長 山城 智 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真左より)
恩納村教育委員会 教育長 當山 欽也 様
恩納村 副村長 外間 毅 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
総務部統括部長 高良 宏
総務部総務課 儀間 ひなた

2019年9月3日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、県内の市町村を巡り、本取り組みをPRする活動を行なっております。今回は、7月18日に国頭村 知花副村長と、大宜味村 宮城村長を訪問しました。子どもの貧困については、各市町村共通の課題となっており、その対策支援として当社が取り組んでいる本活動に関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
国頭村 福祉課 主事 玉城 万里 様
国頭村 福祉課 課長 與儀 光浩 様
国頭村 副村長 知花 靖 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
総務部統括部長 高良 宏
総務部総務課 新垣 小遥
(写真右より)
大宜味村長 宮城 功光 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2019年8月20日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、本取り組みをPRするため、県内の市町村を巡る活動をしております。今回は、6月27日に本部町 伊野波副町長と、今帰仁村 喜屋武村長を訪問しました。子どもの貧困については、各市町村共通の課題となっており、その対策支援として当社が取り組んでいる本活動に関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真左より)
本部町 副町長 伊野波 盛二 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
(写真左より)
今帰仁村長 喜屋武 治樹 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2019年7月19日

「沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業」に認証されました。

沖縄明治乳業㈱は、仕事と生活の調和に積極的に取り組む企業と認証され、2019年6月18日(火)、沖縄県商工労働部より「沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業認証書」が交付されました。

沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業認証制度とは、労働者個人の生活時間に配慮した働き方・働かせ方がその個人が持てる能力を最大限に発揮させ、生産性の向上や優秀な人材の確保など、企業にとってのメリットが大きいと考え、ワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組む企業を沖縄県が認証し登録するものです。

当社は、女性社員の育児休業取得率が100%であることや、小学校入学前の子どもを育てる社員の短時間勤務制度を設けていることなどが高く評価され、この度認証されました。

これからも当社は、仕事と生活が両立できる環境整備に積極的に取り組んでいきたいと思います。

認証書交付式の様子
(写真左より)
沖縄県商工労働部長 嘉数 登 様
沖縄明治乳業株式会社
総務部統括部長 高良 宏
総務部総務課係長 野々村 綾子
沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業認証マーク

2019年7月12日

第40回明治ファミリー劇場『ジャックと豆の木』
招待券を贈呈致しました。

2019年6月18日(火)、沖縄県社会福祉協議会を通して、県内の児童福祉施設16施設へ、第40回明治ファミリー劇場『ジャックと豆の木』の招待券334枚(2019年7月19日時点)を贈呈致しました。

当社では、児童福祉施設の子どもたちにぬいぐるみミュージカルを楽しんでいただきたく、1990年(平成2年)から明治ファミリー劇場へのご招待を続けております。30回目となる今回の贈呈で、延べ13,043名様(2019年7月19日時点)の施設のみなさまをご招待させていただくこととなりました。

今後も、明治ファミリー劇場を通して、子どもたちの豊かな心を作るためのお手伝いができるよう、努力していきたいと思います。

贈呈式の様子
贈呈式の様子(向かって右から)
沖縄県社会福祉協議会
常務理事 嘉陽 孝治 様
会長 湧川 昌秀 様

沖縄明治乳業株式会社
代表取締役社長 村田 紳
取締役営業本部長 仲田 和男

2019年7月1日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

2019年3月より、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、本取り組みをPRするため、県内の市町村を巡る活動をしております。今回は、4月11日にうるま市 上間副市長、5月10日に金武町 池原副町長を訪問し、各市町村共通の課題である子どもの貧困支援へ向けた本取り組みに関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
うるま市役所 こども部長 金城 妙子 様
うるま市副市長 上間 秀二 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳
総務部統括部長 高良 宏
総務部総務課 新垣 小遥
(写真左より)
金武町 副町長 池原 均 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田 紳

2019年5月28日

ベビーサンゴ植付のご報告(サンゴ再生活動支援)

沖縄明治乳業では、沖縄のサンゴ保全を目的に「35COFFEE」ブランドとのコラボ商品の売上の一部を活用し、沖縄県のサンゴ再生活動(ベビーサンゴ移植)を支援しております。

2019年3月25日、「35COFFEEアイスバー」の売上の一部を活用し、浦添市港川海域にて新たに35本分のベビーサンゴ植付を行ないました(委託先:沖電開発株式会社)。ベビーサンゴの成長を見守ると共に、本支援を続けて参りたいと思います。

ベビーサンゴ植付直後の様子

2019年4月12日

貧困対策支援活動「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」につきまして

沖縄明治乳業では、現在販売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち 第1弾・第2弾」の売上(収益金)を、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用しております。

この度、「沖縄の子ども達をはっぴぃに!」をテーマに、県内の市町村を巡り本取り組みをPRする活動を始めました。2019年3月13日に浦添市 松本市長、同月27日に宜野湾市 松川市長を訪問し、各市町村共通の課題である子どもの貧困支援へ向けた本取り組みに関して説明させていただきました。

沖縄県内では、どの地域でも子どもの貧困が大きな問題となっております。当社では2017年度より、LINEスタンプの全収益金を含めた金額を、基金に寄付しております。多くの方々にオリジナルLINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことがお子様の支援に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
浦添市長 松本様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田
(写真右より)
宜野湾市長 松川様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田

2019年4月5日

子どもの貧困対策支援に向け寄付を行ないました。

沖縄明治乳業㈱では、2018年12月25日(火)に沖縄タイムス社、琉球新報社を訪問し、子どもの貧困対策に向けた支援金の寄付を行ないました。

近年、新聞等で貧困に苦しむ子ども達にスポットをあてた報道が増えています。沖縄県は出生率が高い一方、全国平均の1.8倍という高い貧困率(29.9%)となっており、難しい環境下で生活する子ども達が多い状況です。弊社では2017年度より本寄付を開始し、2回目となる今回も沖縄の子どもたちを支える一助になれればと願いを込め、「沖縄こども未来プロジェクト(沖縄タイムス社)」、「りゅうちゃん子どもの希望募金(琉球新報社)」へ各社50万円(合計100万円)を寄付させていただきました。

現在発売中のオリジナルLINEスタンプ「はっぴぃ島のゆかいな仲間たち第1弾・第2弾」の売上(収益金)は、沖縄県の子どもの貧困対策へ向けた支援金として活用して参ります。LINEスタンプをご購入いただき、LINEトークで楽しんでいただくことが本事業に繋がりますので、ご協力の程よろしくお願い致します。

(写真右より)
沖縄タイムス社 代表取締役社長 武富 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田
(写真右より)
琉球新報社 代表取締役社長 玻名城 様
沖縄明治乳業 代表取締役社長 村田
取締役営業本部長 仲田

2019年1月8日

社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。

2018年12月11日(火)沖縄県総合福祉センターにて、共同募金運動の一環で、社会福祉法人沖縄県共同募金会様へ弊社製品100ケースを寄贈致しました。毎年、オキコ株式会社と合同で贈呈式を実施しております。

「歳末たすけあい運動」の取り組みは、支援を必要とする方々が笑顔で穏やかな新年を迎えることができるよう、少しでもお役に立てればとの願いを込め、昭和53年の第1回から今年の第41回まで毎年継続して実施しております。

(写真右より)沖縄県共同募金会 会長 湧川 昌秀 様
弊社代表取締役 副社長 布施 康仁
贈呈品(ぜんざい、ドリンク)
(写真右)オキコ株式会社 常務取締役 大城 馨 様
贈呈式の様子

2018年12月25日

沖縄県社会福祉大会にて「県知事感謝状」を受賞致しました。

沖縄明治乳業㈱は、2018年10月25日(木)に行われた第61回沖縄県社会福祉大会にて、社会福祉に深い理解を寄せ、その発展に貢献したとして「県知事感謝状」を受賞致しました。

当社は、県内のお子さまの情操教育の一環として、観劇を通して親子で感動や喜びを共感し、親子のコミュニケーションを深めていただくことを目的として、「明治ファミリー劇場」キャンペーンを1981年から毎年実施しております。

1990年からは毎年、沖縄県内の児童福祉施設のお子さまにも「明治ファミリー劇場」を楽しんでいただけるよう、沖縄県社会福祉協議会を通して招待券を寄贈し、これまでに延べ12,709名様をご招待してまいりました。今回その功績が認められ、沖縄県知事より「感謝状」をいただくことができました。

これからも当社は「明治ファミリー劇場」を通して、沖縄県内のお子さまの心の健康づくりや、社会福祉に微力ながら貢献してまいりたいと思います。

(写真左より)沖縄県副知事 謝花 様
沖縄明治乳業株式会社 代表取締役社長 村田

2018年11月9日

西日本豪雨災害に対する義援金を贈呈致しました。(第2回)

この度の西日本で発生した豪雨災害において、被害に遭われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

9月14日(金)、琉球新報社を訪問し、西日本豪雨災害に対する義援金を贈呈致しました。少しでも被災地のみなさまのお役に立つことを願い、会社と従業員より20万円を琉球新報社を通じ被災地へ寄付させていただきました。

一日も早く被災地の復興が進みますよう、心よりお祈り申し上げます。

贈呈式の様子
贈呈式の様子(写真右より)
株式会社琉球新報社
総務局執行役員総務局長
石堂 清彦 様

沖縄明治乳業株式会社
総務部統括部長 高良 宏
総務部総務課 儀間 ひなた

2018年9月25日

西日本豪雨災害に対する義援金を贈呈致しました。

この度の西日本で発生した豪雨災害において、被害に遭われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

8月14日(火)、沖縄タイムス社を訪問し、オキコ㈱と共に西日本豪雨災害に対する義援金を贈呈致しました。復興の一助になれればとの願いを込め、弊社は沖縄タイムス社を通して被災地へ20万円を寄付させていただきました。

一日も早く被災地の復興が進みますよう、心よりお祈り申し上げます。

贈呈式の様子
贈呈式の様子(写真右より)
オキコ株式会社
マーケティング部 大城 修二課長
商事部 金城 善夫部長(CSR委員長)

沖縄明治乳業株式会社
取締役営業本部長 仲田 和男
総務部統括部長 高良 宏

2018年8月24日

第39回明治ファミリー劇場『ブレーメンの音楽隊』
招待券を贈呈致しました。

2018年6月19日(火)、沖縄県社会福祉協議会を通して、県内の児童福祉施設15施設へ、第39回明治ファミリー劇場『ブレーメンの音楽隊』の招待券332枚を贈呈致しました。

当社では、児童福祉施設の子どもたちにぬいぐるみミュージカルを楽しんでいただきたく、1990年(平成2年)から明治ファミリー劇場へのご招待を続けております。29回目となる今回の贈呈で、延べ12,709名様の施設のみなさまをご招待させていただくこととなりました。

今後も、明治ファミリー劇場を通して、子どもたちの豊かな心を作るためのお手伝いができるよう、努力していきたいと思います。

贈呈式の様子
贈呈式の様子(向かって右から)
沖縄県社会福祉協議会
常務理事 嘉陽 孝治 様
会長 湧川 昌秀 様

沖縄明治乳業株式会社
代表取締役社長 村田 紳
取締役営業本部長 仲田 和男

2018年6月22日

社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。

2017年12月5日(火)沖縄県総合福祉センターにて、共同募金運動の一環で、社会福祉法人沖縄県共同募金会様へ弊社製品100ケースを寄贈致しました。

「歳末たすけあい運動」への参加は、支援を必要とする方々が安心した暮らしの中で年を越し、笑顔で新年を迎えることができるよう、微力ながら貢献できればとの願いを込め、昭和53年の第1回から今年の第40回まで毎年継続して実施しております。

社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。
贈呈式の様子
社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。
贈呈品(ぜんざい、ドリンク)

(写真右より) 沖縄県共同募金会 会長  湧川 昌秀 様 弊社代表取締役副社長  布施 康仁

第38回明治ファミリー劇場『白雪姫と7人の小びと/ヘンゼルとグレーテル』
招待券を贈呈致しました。

2017年6月21日(水)、沖縄県社会福祉協議会を通して、県内の児童福祉施設16施設へ、第38回明治ファミリー劇場『白雪姫と7人の小びと/ヘンゼルとグレーテル』の招待券365枚を贈呈致しました。

当社では、児童福祉施設の子どもたちにぬいぐるみミュージカルを楽しんでいただきたく、1990年(平成2年)から明治ファミリー劇場へのご招待を続けております。28回目となる今回の贈呈で、延べ12,377名様の施設のみなさまをご招待させていただくこととなりました。

今後も、明治ファミリー劇場を通して、子どもたちの豊かな心を作るためのお手伝いができるよう、努力していきたいと思います。

贈呈式の様子
贈呈式の様子(向かって右から)
沖縄県社会福祉協議会
常務理事 嘉陽 孝治 様
会長 湧川 昌秀 様

沖縄明治乳業株式会社
代表取締役社長 村田 紳
取締役営業本部長 仲田 和男
営業部次長 大城 和也

2017年7月1日

『飲酒運転根絶実践企業』として認定されました。

2017年5月18日、沖縄明治乳業㈱にて、本社の管轄警察署となる浦添警察署、浦添地区交通安全協会の方々をお招きし、『飲酒運転根絶実践企業認定証交付式』を執り行いました。

『飲酒運転根絶実践企業』として、浦添警察署長 崎原様より認定証をいただきました。当社の関連会社である、沖縄明販㈱、エムアンドビー㈱も同様に認定を受けました。

『飲酒運転根絶実践企業』として交通ルールの遵守と飲酒運転根絶を誓い、従業員一同安全運転に努めたいと思います。

交付式の様子
交付式の様子

(写真右より)
沖縄県警マスコット シーサー君
浦添警察署長 崎原 永克 様
弊社代表取締役社長 村田 紳
沖縄明販㈱ 有銘専務
エムアンドビー㈱ 今野取締役生産本部長
浦添地区交通安全協会長 仲西 郁代 様

2017年6月

社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。

2016年12月6日(火)沖縄県総合福祉センターにて、共同募金運動の一環で、社会福祉法人沖縄県共同募金会様へ弊社製品100ケースを寄贈致しました。

「歳末たすけあい運動」への参加は、新年を迎えるこの時期に、支援を必要とする方々が安心して暮らすことができるよう、微力ながら貢献できればとの願いを込め、昭和53年の第1回から今年の第39回まで毎年継続して実施しております。

社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。
贈呈式の様子
社会福祉法人 沖縄県共同募金会様に弊社商品を寄贈致しました。
贈呈品(ぜんざい、ドリンク)

(写真右より) 沖縄県共同募金会 会長  湧川 昌秀 様 弊社代表取締役副社長  布施 康仁

第37回明治ファミリー劇場「ピノキオ」招待券を贈呈致しました。

2016年6月29日(水)、沖縄県社会福祉協議会を通して、県内の児童福祉施設16施設へ、第37回明治ファミリー劇場「ピノキオ」の招待券423枚を贈呈致しました。

当社では、児童福祉施設の子どもたちにぬいぐるみミュージカルを楽しんでいただきたく、平成2年から明治ファミリー劇場へのご招待を続けております。27回目となる今回の贈呈で延べ12,012名様の施設の皆様をご招待させていただくこととなりました。

今後も、明治ファミリー劇場を通して、子どもたちの豊かな心を作るためのお手伝いができるよう努力していきたいと思います。

贈呈式の様子 (向かって右から) 沖縄県社会福祉協議会 事務局長 嘉陽 孝治 様 常務理事 比嘉 成和 様会長 新垣 雄久 様沖縄明治乳業株式会社 常務取締役 村田 紳 他
贈呈式の様子 (向かって右から)
沖縄県社会福祉協議会
常務理事 嘉陽 孝治 様
会長 湧川 昌秀 様

沖縄明治乳業株式会社
代表取締役社長 村田 紳
取締役営業本部長 仲田 和男
営業部次長 大城 和也

2016年7月1日
沖縄明治乳業株式会社

サンゴ再生活動支援

沖縄の貴重な観光資源であるサンゴが失われている現状において、当社ではサンゴ保全を目的とし、「35COFFEE」ブランドとのコラボ商品の売上の一部を活用し、ソーエイドー株式会社を通して沖縄県のサンゴ再生活動(ベビーサンゴ移植)を支援しております。
※当社では、沖電開発株式会社を通して、サンゴの再生活動支援を行なっております。

モニタリング報告はこちらから
サンゴ再生活動支援
ダイバーによる植え付け作業
サンゴ再生活動支援
沖縄明治乳業名義の植え付け証明
サンゴ再生活動支援
サンゴ再生活動支援

サンゴ苗の様子

移植・撮影 沖電開発株式会社

閉じる